the most unuseful
website in the world




海の向こうには、修羅の国があるという・・・
 top >> ■ info(情報) >> ■ Country(各国情報)

・ 漢(おとこ)が足を踏み入れた国家を、漢(おとこ)らしく 「ザクッ」 と紹介する。

「メシ」「フロ」「寝る」 の三言のみで日々を送る頑固オヤジのように、
余分は一切ないのですぐ終わる。そうそう痛くないから、さあ。

Nauru 通貨 オーストラリア・ドル(1AUD=約95.1円)
1$=1.15AUD (T/C不可)
ナウル 情報 2014年11月



両替事情 銀行はあるが両替は不可。入国前に十分な量のオーストラリアドルを持ち込むべし。

ATMは国内に4つ(オドゥンアイウォに1台、メネンホテルに1台、スーパーに2台)あるが、
使用可能なカードの表示がなかったり、稼働していなかったり。
使うのに勇気がいるのでやはり持ち込むのがベターだろう。
物価 モノは全て輸入品ゆえ
コカコーラ缶(350ml) 1ドル(約95円)
水1.5リットル 2.5ドル(約238円)
中華食堂のメシが5.5~8ドル(約523~761円)と日本並のお値段
それでもなぜか自国生産しているはずのオーストラリアよりずいぶん安い


交通費はヒッチか、公共のバスもタダなので
レンタカーを借りなければ全くかからない。


宿は国内に3軒しかないが、すべて1泊95~110ドル。
少しでも値段に見合うクオリティを求めるなら、しつこいがEWA LODGEがオススメ。


1日あたりの予算は、だいたい120ドル程度かかるものと思われる。
通信事情 シビックセンター1階のネットカフェで1時間3ドル(2014年1月から値上げした模様)。
日本語は読み書きできない。
1時間4ドル(約380円)でWifi接続可能。


絵葉書は郵便局で購入可能。全5種類。
1枚1ドル(95円)で、切手を貼らずにそのまま投函できる
※ ●日で日本に到着。 ← 届いたらあとで記入します


携帯電話はシビックセンター1階のDigicelでSIMカードが10ドル(約951円)で購入可能。
購入時点で2ドル分の通話が付いてくる。
データ通信用のPINは5ドル(約476円)。3日間使用可能。
治安 2013年7月にアフガニスタン、イラン難民による暴動が起きたらしいが、2014年時点では特に危険は感じなかった。他の国ならスラム街と呼ばれるであろう地区に入っても、中国人が多いせいか気にもされなかった。
ただ、難民が警官とモメているところは目撃したので、100%ラブ&ピースという状態でもなさそう。
夜の一人歩きは比較的安全な気がするが、そもそも夜にすることが何もないので外出の意味があるかは疑問。
その他 (行き方)

ナウルに乗り入れているのは「ナウル航空(Nauru Airlinees)」のみ。
※2014年8月、Our Airlines から改名したが、機体などはそのまま使われている。


ブリスベン(オーストラリア)
マジュロ(マーシャル諸島)
タラワ(キリバス)
ナンディ(フィジー)

以上4都市と繋がっている。
フライトスケジュールと値段については
■ ナウル航空HP≫ を参照のこと。

ブリスベン便はナウル行のみホニアラ(ソロモン諸島)を経由するが、
給油するのみで途中降機不可。
つまり、現在はホニアラとナウルは繋がっていない


それぞれ週1~3便しかなく、
そもそもブリスベン以外は搭乗地に行くまでの便が限られているため、
綿密なプランニングが必須。



わしは下調べ不足でケアンズ→ブリスベンと
無駄に時間とカネのかかるルートを取ってしまったが、

日本(東京方面)から行く場合は
(成田)金曜夜 → (ゴールドコースト)土曜朝 
(ゴールドコースト)土曜朝 → 列車 (ブリスベン)土曜午前
(ブリスベン)土曜深夜 → (ナウル)日曜早朝
というプランが現在最速かつ最安か??と思われる。


列車を使ったこのルートは片道で 5000円~10000円安く
オーストラリア滞在時間が5~6時間長く取れる(これがデカい)。


これに
(ナウル)月曜夕方 → (ブリスベン)月曜夜
(ブリスベン)月曜夜 → 列車 (ゴールドコースト)月曜深夜
(ゴールドコースト)火曜朝 → (成田)火曜夜


という行程であれば最短5日、現地(ナウル)滞在1日半の旅程が可能。
わしは木曜に日本を出て現地滞在時間を2日半に延ばしたが、
徒歩での島内散策でもそれで充分だった。
レンタカーを使用すれば、1日半で時間が余るくらいだろう。


タラワ、マジュロ便はブリスベン便に比べれば安いため、
時間がある人はそちらを検討してもよいかも。
ただ、滞在日数が長くなる分おカネもかかるので、
トータルどっちが得かは微妙なところ。




そもそもナウル航空なんてちゃんと飛ぶのか不安だったが、
チェックインは3時間前から始まるし
出発もほぼ定刻でアフリカなどの航空会社より遥かに優秀な印象。
欠航もほとんど無いらしい。
その辺は安心できる航空会社である。

   

 ■ World7 へ >>
<< このページのTOPへ
1999- (C) GamecenterKomine all rights reserved.
inserted by FC2 system