the most unuseful
website in the world




ゆうべはおたのしみでしたね。とか言われたい。
 top >> ■ info(情報) >> ■ hotel(宿情報)

・ 漢(おとこ)の闘いの疲れを癒してくれた、愛すべき旅の寝床を紹介する。
  ■ は宿、 ★ は野宿を表している。

感想等はあくまで主観、かつ情報は流動的なため、
「行ってみたけど全然違うアルよ!! 子孫末代まで呪うアル!!」
と子供に思想教育をされても、わしには一切責任はないものとする。

Nauru 通貨 オーストラリア・ドル(1AUD=約95.1円)
1$=1.15AUD (T/C不可)
ナウル 情報 2014年11月

- Ewa -
エワ

Ewa Lodge 住所 Ewa 地区 スーパーCapelle & Partner 2階

▲ ゴキ対策が過剰な部屋


▲ お湯は洗面台の方もちゃんと出る


▲ バックパッカーズのようなキッチン
TEL +674 557 1000
料金 ホットシャワー、・トイレ、エアコン、TV付
シングル 95AUD(約9034円)
 電源  たくさんあり
備考 入国にあたってホテル予約が必須とされるナウル。

ナウルにはOdon Aiwo Hotelと Menen Hotelの二つのホテルがあるのだが、現在のところ難民キャンプの建設に従事するオーストラリア人スタッフで溢れかえっていて、二軒とも予約は困難な状態。
部屋が空いていたとしてもメールは全く返事が来ず、電話をしても通じない。


そんな中、唯一速攻返信&予約を入れてくれた救世主がココ。管理人のVeronicaというキリバス人女性は、わずか3時間で返信をくれた。
メアド cpfinance★eftel.net.au
(★を@に変えてちょ)

というか寂れまくっている他の2つと比べて部屋はたいへん清潔で、ナウルの民家と同じく入口で靴を脱ぐスタイル(別にゲストは履いたままでもイイとは言っていた)で快適。
ホットシャワーは問題なく使え、電気も止まらないよう巨大な発電機が24時間稼働。それでいて入口のガラスがしっかり厚いので、発電機の音は全く気にならず、
更にYHのようにキッチンが使え、コーヒー紅茶ココアはタダと至れり尽くせり。
迷わずこの宿を選択することをオススメする。


空港や中心地のヤレン、アイウォ地区から遠いので敬遠されがちだが、
宿の真下が国内最大級のスーパー、近くに中国人経営のレストランやミニショップもあり、日曜も含め生活に全く不便は感じない。
滅多に来ないが公共のバスが目の前に停車するほか、
この宿でレンタカーも借りられるという全方位型無敵宿。


特に頼まなくても空港ピックアップのサービス付き。
予約をしたなら、迎えの人を無視しないように気をつけること。
わしのように送迎が来ていると知らず、自力でたどり着いてしまった場合は、
スーパーCapelle&Partnerの2階奥に別室があるのでそこで受付を。


ただし!
唯一の欠点は4号室のカギが内外ともにかからないこと。

建物入口のカギはあるので外部の侵入者は防げるが、
隣室のゲストなどには警戒が必要と思われる。
わしは朝寝ている時に掃除の人が勝手に入ってきた。
他の部屋に関しては不明だが、できればカギのかかる部屋をリクエストすべし。

・ HP(英語) >>

   

 ■ World7 へ >>

<< このページのTOPへ
1999- (C) GamecenterKomine all rights reserved.
inserted by FC2 system